参加全店舗

有楽町

北海道どさんこプラザ 有楽町店

店内に北海道内各地の特産品や新商品が常時1,200点以上並ぶ。週替わりの催事コーナーのほか、揚げたてのコロッケやソフトクリームなども好評で、週末は行列ができるほどの人気。

有楽町

コウノトリの恵み 豊岡

コウノトリも住める町を目指している兵庫県豊岡市のアンテナショップ。数ある商品の中でも「コウノトリ育むお米」や「但馬牛」関連商品がおすすめ。柳細工のバッグなど、伝統工芸品も購入できる。

有楽町

有楽町ひらど商館

2018年10月にオープンした長崎県平戸市のアンテナショップ。店内には農産物、農水産加工品、お菓子などがびっしりと並ぶ。豊富なあご(トビウオ)の加工品の中でも「あご旨だし」は一番人気。

有楽町

いきいき富山館

“これぞ富山”という定番の品揃えが魅力。なかでも催事コーナーに力を入れており、富山の生産者や製造業者による実演販売や試食販売が充実。訪れる度に新しい富山の味覚に出合うことができる。

有楽町

わかやま紀州館

名産品の梅干しの種類が充実。定番から変わり種フレーバーまで常時約60種類が揃っているので、お気に入りの一品が見つかるはず。和歌山から毎日直送される採れたて野菜のコーナーも人気。

有楽町

丘のまち美瑛

美しい丘の風景で知られる北海道美瑛町のアンテナショップ。産直の新鮮な野菜をはじめ、フリーズドライやジャム、お菓子といった加工品も充実。店内にはイートインコーナーも併設している。

銀座

IBARAKI sense

茨城県の地形や名産地に合わせて商品やディスプレイを配置。洗練された空間に目利きのセンスによって厳選された食品、地酒、工芸品が並ぶ。旬の県産食材を使ったカフェとダイニングも併設している。

銀座

食の國 福井館

福井の“食”に特化したアンテナショップ。へしこや焼き鯖寿司、おあげはもちろん、日本酒も豊富にラインナップ。イートインコーナーでは、「越前おろしそば」や「ソースカツ丼」などが味わえる。

銀座

まるごと高知

1階は旬の野菜や特産品を使った加工食品が並び、高知名物「土佐の日曜市」さながらの雰囲気。2階のレストランでは伝統の土佐料理をベースにした創作料理の数々が、地酒と共にいただける。

銀座

銀座わしたショップ本店

店内に足を踏み入れるとまさに沖縄。1階には菓子、食品、飲料、健康食品、地下1階には工芸品、衣類、化粧品、CD、書籍など、約7,000種類が並ぶ。イートインスペースでは本場さながらの沖縄グルメが楽しめる。

銀座

坐来 大分

和食レストランをメインにした大分県フラッグショップ。産地直送の食材はもとより、米、水、調味料に至るまで大分産にこだわる。店内のギャラリーでは柚子胡椒などの加工品や工芸品も販売。

銀座

おいしい山形プラザ

主役は山形の“食”。特に地元から届く果物や野菜の産直コーナーが人気だ。現地以外ではここでしか手に入らない商品も。2階には地元出身のシェフ・奥田政行氏が手がけるイタリアンレストランが入る。

銀座

ひろしまブランドショップ TAU

広島の“おいしいもの”が1,500を超える品揃え! そのほか伝統工芸品「熊野筆」や地酒、カープグッズなども充実。ご当地の味もお好み焼き、和食、イタリアンなど、様々なジャンルで堪能できる。

銀座

dining gallery 銀座の金沢

ギャラリースペースでは美術工芸から生活工芸まで、地元で活躍する作り手の様々な作品を展示販売する。ダイニングスペースでは金沢の四季折々の素材を用いた、ここでしか味わえない料理をご用意。

銀座

いわて銀河プラザ

広々としたワンフロアに約1,800品がズラリと並ぶ。日本酒、ワイン、地ビールも豊富で、都内では流通量の少ない珍しい種類も。濃厚ながらも後味がすっきりとした「小岩井ソフトクリーム」は必食。

銀座

ぐんま総合情報センターぐんまちゃん家

特産品販売に加え、観光案内や移住相談なども行う。ほぼ毎日、群馬県のマスコット「ぐんまちゃん」が登場し、旬のおすすめ商品をPR。2階は群馬食材を用いたメニューが並ぶレストラン「銀座つる」。

銀座

銀座NAGANO

「長寿県」で知られる信州の伝統食や豊かな風土が感じられる食材をはじめ、長野県内ではお馴染みの “ご当地フード”なども充実。階上には、観光や移住に関する情報コーナーも備えている。

銀座

銀座熊本館

1階「くまもとプラザ」には、生産者の思いが込もった食材、食品、お菓子などの熊本県産アイテムが約1,500品目。2階には「くまモン」グッズコーナーや熊本グルメを楽しめるカフェバーがある。

日比谷

かごしま遊楽館

鹿児島の“よかもん(いいもの)”がズラリ。1階は店内で揚げるさつま揚げや100銘柄の本格焼酎が自慢。2階には「黒豚しゃぶ」のレストランが入り、3階では薩摩切子などの工芸品を購入できる。

日本橋

日本橋ふくしま館 MIDETTE

最新の観光情報や食の安全への取り組みなど、活気溢れる福島の魅力を余すことなく紹介。自慢は日本酒の品揃え。入手困難な地酒や限定酒も扱う。イートインコーナーもあり、何度訪れても楽しめる。

日本橋

三重テラス

“三重の「いいとこ」ぜんぶ日本橋へ。”「松阪牛」「伊勢茶」をはじめ、真珠や伝統工芸品など、約1,300品を取り揃えるショップと、三重の旬の食材をイタリアンで提供するレストランで三重の魅力を発信。

日本橋

奈良まほろば館

地元でも入手困難な商品として知られるラムネ菓子「レインボーラムネ」が毎日数量限定で入荷。関東では珍しい大和野菜も奈良から届けられる。鹿があしらわれたかわいい雑貨もたくさん!

日本橋

日本橋とやま館

立山杉を使い、立山連峰の稜線を格子で表した大壁面が印象的な館内に、物販や和食レストラン、バーラウンジなど、多彩な機能を集約。日替わりで入荷する名産品のほか、工芸品も豊富に取り扱う。

日本橋

ここ滋賀

近江商人ゆかりの地・日本橋にある滋賀県の情報発信拠点。マーケットでは特定の曜日にだけ入荷する和菓子が人気。地酒バーでの飲み比べや、2階レストランではゆったりと滋賀の魅力を満喫できる。

日本橋

日本橋 長崎館

県産品を豊富に扱い、カステラだけでも十数種類の品揃え。日替わりで食べ比べるのもおもしろい。定番の「ちゃんぽん」、話題の「トルコライス」など、ご当地グルメ充実の軽飲食コーナーも好評。

日本橋

富士の国やまなし館

山梨県産ワインの品揃えは都内随一。約300種類にのぼるラインナップから、専属のソムリエが好みに合わせてワイン選びの手伝いをしてくれる。初夏から秋にかけて特産品のフルーツも産直で入荷。

日本橋

おいでませ山口館

三方を海に囲まれた山口県は食材の宝庫。下関名物のフグ、ウニや蒲鉾などの加工品、山口銘菓の外郎(ういろう)、お茶、日本酒と特産品がとにかく豊富だ。店内には観光案内コーナーも完備。

東部

びわ湖長浜 KANNON HOUSE

滋賀県の北東に位置する長浜市は、130を超える観音さまが今も守り継がれている「観音の里」。厨子に見立てた館内中央の「観音堂」に、長浜からお出ましの観音像1体が約2カ月交代で安置される。

千代田区

日本百貨店しょくひんかん

北は北海道、南は沖縄まで、全国各地のうまいものを網羅した食のセレクトショップ。館内を巡るだけで、日本全国を旅した気分になる。曜日限定で入荷する人気商品や期間限定ショップにも注目!

銀座

函館もってきました。
ローソン京橋駅前店

京橋駅近くのコンビニ内にある函館市アンテナショップ。良質な海産物を加工した珍味類のほか、チーズやバターといった乳製品、お菓子やアイス、ラーメンなど、函館ならではの名産品を揃える。

港区

とっとり・おかやま新橋館

季節のフルーツをはじめ、日本海と瀬戸内海の恵み、オンリーワンの工芸品まで豊富なラインナップが自慢。地元の食材を使ったカフェ&レストランや、観光相談もできる情報コーナーも大人気!

港区

香川・愛媛せとうち旬彩館

1階のショップと2階のレストランに、瀬戸内の旬を凝縮セレクト。注目は両県の魅力ある商品を発掘して紹介する「かくれた逸品コーナー」。ショップ初登場のアイテムが月替わりでお目見えする。

港区

あきた美彩館

定番商品から地元で話題の新商品まで、約1,000品の秋田県産品が揃う。店舗奥にあるダイニングスペースでは、「きりたんぽ鍋」や「稲庭うどん」など、秋田ならではの郷土料理がいただける。

池袋

北海道どさんこプラザ 池袋店

取り扱う商品は海産物、農畜産品、乳製品、お菓子など、定番商品から北海道限定アイテムまで、道産品約700種類。店内には、大人気のソフトクリームを販売するテイクアウトコーナーも備える。

池袋

宮城ふるさとプラザ(コ・コ・みやぎ)

伊達政宗にちなんだ大きな三日月マークが目印。特産品販売や観光案内、レストランが2フロアに集結し、県の魅力を総合的に発信する。2階の「伊達の牛たん本舗」では仙台名物の牛タンが味わえる。

新宿

新宿みやざき館KONNE

1階では焼酎、季節の果物や特産品などを販売。テイクアウトコーナーのソフトクリームも好評だ。2階のレストラン「くわんね」では、宮崎の郷土料理の定番「チキン南蛮」などが味わえる。

千代田区

あおもり北彩館

生産量全国1位を誇る鮮度抜群のリンゴやニンニクはもちろん、農産加工物、水産加工品、地酒、工芸品まで幅広い品揃え。店内で販売している青森リンゴ100%のフレッシュジュースも人気。

文京区

Tsuwano T-Space

2014年に設立された「津和野町東京事務所」が、2016年12月にコミュニティ・スペース「Tsuwano T-Space」として一新。物産販売や観光案内、移住相談、イベントなどを行っている。

渋谷

表参道・新潟館ネスパス

食を中心に、観光、UIターン・移住情報など、新潟の“旬”を発信。米や日本酒などの物産販売、県産食材を使ったレストランのほか、ワンコインで新潟清酒の飲み比べができる立ち飲みスペースも。

港区

ふくい南青山291

福井の“食”だけでなく、「越前漆器」「越前焼」「越前和紙」などの伝統工芸品もラインナップ。もちろん、名物のへしこ、焼き鯖寿司、おあげ、日本酒も用意。店内には観光コーナーも併設している。

千代田区

福扇華

福岡県初の試みとして、2018年11月に開業した常設型アンテナレストラン。「博多和牛」や玄界灘産の天然真鯛をはじめとする県産食材をふんだんに取り入れた料理を提供。物産品の購入もできる。

東部

ふるさと交流ショップ 台東

台東区の姉妹友好都市をはじめ、全国の自治体が1週間単位を基本として出店する新しいタイプのアンテナショップ。毎週、新鮮かつ珍しい特産品が揃い、懐かしいふるさとの魅力に出会える。

東部

まるごとにっぽん

1階には地方色豊かな旬の食を、2階には地方発の生活用品をセレクト。3階には全国市町村のPRブースのほか、明るく開放的なブックカフェもある。4階は地方のご馳走が楽しめるレストランフロア。

東部

産業観光プラザ すみだ まち処

墨田区は江戸の頃からものづくりが盛んな職人の街。東京ソラマチ5階にある店内には、工芸品から食品、お菓子まで、“メイドインすみだ”が並ぶ。ショッピングの合間にひと息つける甘味処も併設。

港区

東京愛らんど

伊豆・小笠原諸島の旬を体感できるアンテナショップ。イートインスペースでは「ムロアジメンチバーガー」「ふわふわ明日葉フライドポテト」など、ファストフード感覚で楽しめる島グルメが好評を得ている。

西部

山形県飯豊町 アンテナショップ IIDE

甘みと旨みに優れた山形県飯豊町産「つや姫」を使用した自慢のおにぎりをはじめ、国産にこだわった身体に優しいお惣菜やお弁当を販売。そのほか、産直野菜や地酒、ご当地ドリンクなども扱う。

西部

北海道どさんこプラザ 吉祥寺店

23区外初の北海道オフィシャルショップ。人気のソフトクリーム、魚やラム肉製品、乳製品、お菓子、調味料など、日常使い中心の約800種類の道産品を扱う。季節に合わせたイベントも随時開催。

西部

麦わら帽子

武蔵野市と9つの友好都市の物産品販売や観光情報などを発信。店先の木箱に並ぶみずみずしい野菜や果物は産直なので、鮮度はお墨付きだ。各友好都市の逸品を紹介するフェアも随時開催している。

西部

調布&木島平 食の駅 新鮮屋

東京都調布市の姉妹都市である長野県木島平村直営のショップ。村で採れた新鮮野菜はもちろん、全国的にも評価の高い「木島平」、木島平産大豆を100%使用した豆腐や納豆、醤油も販売している。

渋谷

TurnTable

レストランに加え、マルシェや宿泊施設も備えた徳島県の複合型集客施設。県産食材をふんだんに使ったメニューを朝食から楽しめる。ディナーでは薪火料理を中心にアラカルトやコース料理を提供。

大田区

大田区観光情報センター

羽田空港を擁する大田区の観光拠点。多言語対応による観光案内のほか、工芸品やお菓子も販売している。日本文化体験講座も豊富で、「着物プチ体験」「折り紙体験」など予約なしで参加できる講座も。

池袋

全国ふる里ふれあいショップ とれたて村

板橋と交流のある全国13市町村の特産品が1,000品以上。“顔の見える品”をコンセプトに、スタッフと産地が商品を厳選している。特に野菜は地元の小中学校の給食にも使われるほど新鮮。

東部

柴又観光案内所 下町や

散策時に役立つ観光地図やパンフレットを用意しているほか、国民的人気映画シリーズ『男はつらいよ』の主人公「寅さん」グッズも多数取り揃えている。ここでしか購入できない限定品もチェック!

ほかにもある! 東京都内アンテナショップ

日本橋

レストラン Y-wine

山梨県産の食材とドリンクがふんだんに楽しめるログハウス風のカジュアルレストラン。150種類以上の県産ワインや地ビールと共に、山梨から直送される旬の素材を使った創作イタリアンが味わえる。

品川区

坂井市アンテナショップ

毎日直送される新鮮な野菜をはじめ、自慢の米や地酒など、食文化を通して市の魅力を発信。そのほか、「越前がに」「若狭牛」「甘えび」といった農水産物、油揚げや水ようかんなどの名店の味も揃える。